食育ってなぁに?

 食育の大きな目的は「正しい食習慣を身につけること」です。食育というと、食べ物の栄養のことを勉強するだけと思っている人が多いかもしれませんね。食育の内容はもっと幅広いのです。
 たとえば、自分たちの住む地域の食文化を大切にすることや、食べ物を作ってくれる人へのありがとうの気持ちをはぐくむこと、食事のマナーを身につけること、心と体の健康を考えることも食育なのです。その他にも、家族との食事やエコのことを考えることも食育です。

食育ってなぁに?

 でも、あまり難しく考えずに、まずは家や学校で楽しく食事をすること、そして食への関心をもつことからはじめてみましょう。

食育とは

食育とは…(食育基本法より)
●生きる上での基本であって、知育、徳育及び体育の基本となるべきもの
●様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てること
 「食」は命の源であり、私たちの生活の基本となり、日常生活のあらゆる場面において、重要な役割を担っています。市民が心身の健康を確保し、生涯にわたっていきいきと暮らすためには、「食」の充実が大変重要であるといえます。

食育基本法と食育の推進に向けた国の動き(食育推進基本計画)

 近年、国民の食生活をめぐる環境の変化に伴い、国民が生涯にわたって健全な心身を培い、豊かな人間性をはぐくむことができるよう、平成17(2005)年に「食育基本法」が施行され、食育を国民運動として推進しています。 また、平成18(2006)年3月に、食育に関する施策を総合的・計画的に推進することを目的に「食育推進基本計画」が策定され、平成23(2011)年3月には、「第2次食育推進基本計画」が策定されています。

食育の推進に向けた大阪府の動き(大阪府食育推進計画)

 大阪府では、府民一人ひとりが心身の健康を増進する健全な食生活を実践するために、食育を府民運動として推進することが必要であるとして、平成19(2007)年3月に「大阪府食育推進計画」が策定され、平成24(2012)年3月には「第2次大阪府食育推進計画」が策定されています。

食育の推進に向けた八尾市の動き
(健康日本21八尾第3期計画及び八尾市食育推進第2期計画)

 八尾市では、平成15(2003)年5月に「みんなでともに支えあう、市民が主役の健康づくり」を基本理念とする「健康日本21八尾計画」を策定しましたが、健康づくりと食生活は相互に影響することから、八尾市における健康づくりや食育活動の施策を総合的に推進するため、平成28(2016)年3月に「健康日本21八尾第3期計画」と同時に「八尾市食育推進第2期計画」を策定しており、同計画に基づき、栄養・食生活に関する講座や健診時の相談、各種イベント等を通じての食に関する正しい知識の普及、調理技術の向上、望ましい食習慣などの啓発のほか、様々な健康施策を推進していきます。